私スタイルのジュエリー

《blog》自分にとってのジュエリー2016.04.06

皆さんは 「特別なジュエリー」をお持ちですか? 例えばここぞという時に自分を奮い立たせてくれるジュエリー。それを身に着けると気持ちがグッと引き締まり、持っている力を100パーセント発揮できるというジュエリー… 或いは身に着けるだけで心が落ち着き 癒されるジュエリー… 本人だけでなく、周囲の人の目を楽しませ和ませてくれるジュエリー…

20080224

ジュエリーの歴史は古く 古代までさかのぼります。最初は魔よけやお守りとして身に着けられましたが、ローマ時代の権力者は宝石の中で一番の硬さを持つダイヤモンドを病気や死の恐怖から身を守ってくれる護符としました。長い歴史の中では 愛する人に思いを込めて贈られたメッセージジュエリーや亡くなった人をしのんで作られたジュエリーなど 様々なジュエリーが誕生しました。時代によってジュエリーの果たす役割は少しずつ違っていますが、いつの時代も人間が心の拠りどころとして求める物であることに相違はありません。

このように考えると何千年も前の人々と、現代に生きる私たちのジュエリーに対する思いは それほど大きく変わりはなく、人間の本質的な部分である事を再認識させられます。

自分にとっての「特別なジュエリー」。それは決して高価な宝石である必要はありません。心地よく装え、身に着けることで自分が美しく輝くことのできるジュエリー。それがその人にとっての最高の宝物といえます。そういうジュエリーに出合えた人は とても幸せな人だと思います。

私の主催するYK☆Collectionのコスチュームジュエリーの中にも、そんな出合いをする物があったら とても嬉しいことです。


Top