私スタイルのジュエリー

《blog》ハリウッド映画のジュエリー製作を手掛けたジョセフの作品2016.05.24

Joseff of Hollywoodといえば 特徴の一つに挙げられるのがマットなゴールドメタル。ハリウッドで映画のジュエリー製作を手掛けたジョセフが考案したこの素材は、撮影用の強いライトを浴びると本物のゴールドの様な輝きを放ちます。最初は映画の中でだけ身につけられたジョセフのジュエリーですが、女優達が身につけたジュエリーと同じ物を欲しがる映画ファンの要請に応え、Joseff of Hollywoodというブランド名で一般の人向けのジュエリーを作り始めました。

今回入手した2つのゴージャスなセットジュエリーはアメリカのコレクターの方から譲りうけたもの。1つ目はシェルのモチーフが付いたネックレス、イヤリング、ブローチの3点セット。

マットゴールドのシェルの中に模造パールと海藻のようなものがデザインされたモチーフがネックレスには5個、その1つだけを使ったブローチ。そして大きなドロップイヤリングとなっています。

ネックレスとイヤリングはかなりボリュームがありますが、ブローチは結構使いやすいです。これだけのデザインをセットで着けるのはちょっと勇気が…という方も多いと思うので、こちらは単品での販売を考えています。

 

写真 2016-05-19 12 39 10

2つ目はサファイアブルーのガラスが渋いマットゴールドに美しく映えるネックレスとイヤリングのセット。ゴールドに青という色の組み合わせは古代ではラピスラズリを使った金細工の物などがありますが、現代ではブルーには色彩的にはプラチナやホワイトゴールドといった白っぽい金属を合わせるのが主流になっています。どこかオリエンタルな香りのするこのセットはマットゴールドとブルーの組み合わせせが物を言っています。そして先端の尖った多数の花びらで構成された花のデザインがさらに雰囲気を醸し出しているといえるでしょう。こちらはシェルのセットとは違い、セットで身に着けてこそ完成されるジュエリー。イヤリングとネックレスのセンター部分に印象的な青を配置することでバランスが保たれるので 是非セットで使って頂きたいと思います。写真 2016-05-19 12 33 14

これらの商品は27日からスタートするアンティークフェア in 新宿でデビューです。オンラインショップにはその後UPする予定でいます。一目見てみたいなぁと思われる方は27日~29日までのアンティークフェアに是非お越しください。フェアの詳細はこちらをご覧ください。


Top