私スタイルのジュエリー

すぐにお嫁に行ってしまった羽のブローチ…2016.12.19

昨日は東京国際フォーラムで年内最後の大江戸骨董市が開かれました。お天気にも恵まれ 朝9時のスタートから16時の閉場まで大勢のお客さまで大変賑わいました。

YK☆Collectionもこうしたアンティークマーケットへの出店は年内この日が最後。クリスマスピースのラストチャンス、そしてインスタグラムやフェイスブックにUPした新着ほやほやのジュエリーも持参して出かけました。

ジョセフ羽のブローチ

閉場まであと一時間となった時。1人の男性が手に取りしげしげと眺めていたのがこちらのブローチ。裏側も真剣に見ていらしたので、ジョセフオブハリウッドというメーカーの製品であることをお伝えしました。最近では男性の方もご自身で着けられるブローチを探していらっしゃることが多いのですが、さすがにこのブローチはそうではないでしょう。作品その物に興味を持って見ているのかなと思い、お聞きしてみると、「舞台用にどうかなと思って」というお答えでした。関西の方でオペラのトレーナーをされてるとのこと。なるほど… 舞台ねえ。

もともとジョセフはハリウッド映画で身に着けられるジュエリーを製作したメーカーです。また「コスチュームジュエリー」という名前の由来は舞台で身に着けられたジュエリーというところかた来ていることなどをお話ししているうちに、あっという間にこの羽のブローチのお嫁入りが決まりました。

羽のブローチはこれまで何点か扱ったことがありますが、ラインストーンが中央についている物は今回初めて。大変珍しいと思います。しかも燃えるような赤のラインストーンが14個。本当はもう少し手もとに置いておきたかったけれど、活躍の場所が見つかったのですからHappyだと思うようにしなければ。色違いのブルーラインストーンの子は近いうちにオンラインショップにUPしたいと思います。

blue_5


Top