私スタイルのジュエリー

スズランのジュエリー2017.05.01

5月1日はスズランの日。発祥の国フランスでは愛する人やお世話になっている人にスズランを贈る習慣があり、もらった人には幸運が訪れると言われています。
このエピソードにちなんで スズランをモチーフにした対称的な2つのジュエリーをご紹介します。
まず最初は フランス人デザイナー Boucher(ブシェー)のブローチ。
アンティークのポストカードに載せてみました。この絵には幸運をもたらすモチーフである馬蹄が描かれており、「Muguet Porte Bonheur(スズランは幸運をもたらす)」というイメージのメッセージが添えられています。

Boucherはパリのカルティエで仕事をしたあと、ニューヨークに移りそこでコスチュームジュエラーとしても大変 質の高いジュエリーを製作しました。
綿密なバランスで作られたスズランのブローチは花の持つ優しいイメージを損なうことなく表現されています。

さて、2つ目は対称的なJoseff of Hollywoodのスズランのブローチ&イヤリングセット。
ジョセフはハリウッド映画のジュエリー製作を手掛けたことで有名になりましたが、植物や昆虫などのモチーフも得意としています。
ジョセフのデザインはどこかデフォルメされていて、それが個性と魅力につながっていると思います。
3つの花の部分が揺れるように作られたこのセット。可憐なイメージのスズランが大胆で大人っぽい印象に見えるのがジョセフマジックと言えそうです。

このようにデザイナー別に同じモチーフを見て行くと興味深い発見があります。


Top