私スタイルのジュエリー

大切にしたいお客様とのご縁♡♡♡2019.07.15

梅雨の真っただ中となってしまった三連休。
久しぶりに天王洲ハーバーマーケットに出店しました。
同時開催のキャナル フェスも お天気がよかったらもっと盛り上がったのにと思うとちょっと残念な気持ちがします。
さて、そんな中で 私は 古くからのお客様の思いがけない訪問に心温まるひと時を過ごすことができました。

C様との最初の出会いは ちょっと劇的なものでした。
何年か前の6月、大江戸骨董市でのことでした。
夏前だというのに凄い猛暑の中、ふと目に留まったお客様の胸元に輝くブローチ、そしてイヤリング。
それは まぎれもなく 私が以前 楽天のショップ(当時は楽天に出店していました)で販売したオーストリアのセット!
ということは このお客様は!

そんなところから始まったC様とのお付き合い。
その後も いろいろな会場にお尋ねくださいましたが、ある時 お目に留まったのがJoseff of Hollywoodのネックレスとイヤリングのセット。
Joseffの特徴であるマットゴールドに 目も覚めるような明るいブルーのラインストーンがとても印象的な一品でした。
インターネットでこのセットをご覧になったC様。
フェアの会場に2日通って頂き、そしてゲットしていただきました。

フリーランスのお仕事をされ、とてもお忙しいC様とは最近はメールのやり取りだけになっていましたが、土曜日の天王洲に 懐かしいセットを身に着けて会いに来てくださいました。

いつものことながら、いろいろなジュエリー談義を交わし、楽しい時間を過ごしました。

コスチュームジュエリーを気負うことなく、ご自分の感覚で上手に身に着けられるC様。
お願いして写真を撮らせていただきました。
会場内でのスナップなので、とてもカジュアルな写真ですが、ご承諾を頂き アップすることにしました。

 

ヴィンテージジュエリーのお客様とは 長いサイクルでのお付き合いとなることが多いです。
シーズン毎に流行を追いかけるわけでもなく、その方の個性に合ったジュエリーを ご縁のある時にご紹介する。
たとえ何年かに一回しかお会いできなくても、まるで幼馴染に会ったみたいに、話がはずみます。
「あの方がお好きそうだな」と思ったジュエリーのことを 気にかけて下さってたということを知ると、これまた嬉しいかぎり。
先日 東急本店で数年ぶりにお会いしたK様が「あなたは こうやって 私たちとジュエリーをつないで下さっているのよね」と言って下さいましたが、本当にありがたいお言葉だと思います。

今年は 夏の間の出店はしばらくお休みしますが、秋以降 またグレードアップした形で 皆様とお会いしたいと思います。
ブログの方では できるだけ間を開けずに発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


Top