私スタイルのジュエリー

HISTORY

コスチュームジュエリーの歴史

ジュエリーの歴史

ジュエリーの歴史

ジュエリーと私たち人間との関わりは実は古代までさかのぼります。
まずは、人間の力を超えた存在という物として人々が肌身離さず身に着けるという習慣から始まります。
古代は魔除けや呪術の対象として、中世にはきわめて宗教的な意味合いの物として身に着けられ、ルネッサンスの時代になって初めて人間が自己表現を楽しむための物となりました。しかし、この時代ジュエリーを選ぶのは専ら男性でした。つまり女性は男性の権力を誇示するための物であるジュエリーを身に着けていたのです。
女性が自分の意思で服を選び、それにピッタリ合ったジュエリーを楽しむようになったのは、20世紀初頭。それからずっと後のことです。この頃になると女性も社会進出を果たし、自分の収入で好みの物を選ぶことができる時代がようやく到来したわけです。

 

 

コスチュームジュエリーも誕生
 

コスチュームジュエリーの誕生

1924年 時代の先駆者となったココ・シャネルは「何カラットの宝石を身につけるかが問題なのではなく、大切なのは洋服にいかにマッチしたジュエリーをつけるかということ。」と提言し、模造のパールやガラスを使ったジュエリーを製作、当時新しく発表したジャージーのニットにパールのロングネックレスを何連にも重ねづけするなど斬新なスタイルを次々と発表しました。

コスチュームジュエリーは非貴金属とガラス・模造パールといった人工的に作った宝石を素材とするため、色やデザインも自由に選べます。このことはデザイナーや製造者たちが時代の流行にマッチした自由な発想のジュエリーを作る事を可能にしました。こうして変化に富んだ遊び心にあふれる魅力的な作品が次々と生み出されたのです。

 

ただ伝統を重んじるヨーロッパでは やはり宝石と貴金属を使った本物のジュエリーに価値がおかれ、フェイクジュエリーであるコスチュームジュエリーは むしろ海を渡ったアメリカで大きく花を開かせることになります。まずハリウッド女優たちが瞬く間に虜になり、彼女たちの装いをスクリーンやテレビで見た一般の女性たちがそれをまねるというふうにして コスチュームジュエリーは爆発的な人気を得たのです。「コスチュームジュエリー」という呼び名も舞台や映画のコスチュームに着けられたジュエリーというところから来ています。コスチュームジュエリーはあらゆる階層の女性たちに広く受け入れられる存在として歩みだしたといえるでしょう。

 

非貴金属を素材とするコスチュームジュエリー

こうしてパリのデザイナーのみならず、アメリカでもすぐれたデザイナーが多数誕生し、デザインもエドワーディアンスタイルやアールデコスタイルといったファインジュエリーをまねた物から、アメリカならではのポップな物まで多岐にわたっています。現代でも多くのデザイナーやメーカーがコスチュームジュエリーを作っていますが、1940年から60年代までに作られたいわゆるヴィンテージと呼ばれる作品の中には、本物のジュエリーに迫る魅力を持った物が多く、今では作ることのできない貴重な存在となっています。

 

コスチュームジュエリーに魅せられたセレブたち
ジョン・クロフォード、ルシル・ボールといった1950年代のアメリカの女優の他、ジャクリーヌ・ケネディやアイゼンハワー大統領夫人、英国のダイアナ妃といった人々もコスチュームジュエリーを楽しんだと言われています。本物のジュエリーに触れる機会の多い環境にいた彼女達の心をも捉えたコスチュームジュエリー。それはおそらく素材の価値を超えた作り手の美意識と心意気が彼女たちのハートに響いたのではないでしょうか。大ブレークしてから半世紀を経た今でも新鮮な感動は色褪せることなく、時の流れを超えた先輩のような優しい眼差しで私たちを見守ってくれているように思えます。

 
コスチュームジュエリー
 

 

Top