私スタイルのジュエリー

Joseff of Hollywood(ジョセフ・ハリウッド)

独自のメタル素材と上質のラインストーンを使ったジョセフのジュエリーは、個性豊かでまさしくコスチュームジュエリーの魅力そのものといえます。

1905年にシカゴで生まれたユージーン・ジョセフは、1920年代後半、アメリカをおそった大恐慌から逃れるため、比較的その影響の少なかった西海岸のロサンゼルスへと移住しました。ジュエリーデザインの仕事をしていた彼は ハリウッドの映画会社に幾つかの作品を提供し始めました。これが運命的な出会いとなり、のちに魅力的なジョセフジュエリー誕生のきっかけとなったのです。ジョセフはある時 映画の中に登場するジュエリーの時代考証が全く行われていないことに驚き、作品の時代背景を研究し工夫を重ねたジュエリーを製作して映画会社に提供するようになりました。こうした努力を続けた結果、彼のジュエリーは非常に高い評価を得、ハリウッドで撮影された主要作品の多くのジュエリー製作を手がけることになりました。「風と共に去りぬ」「カサブランカ」「雨に唄えば」「クレオパトラ」などの作品の中で身につけられたジュエリーは全てジョセフの手に寄るものです。グレタ・ガルボ、ヴィヴィアン・リー、グレース・ケリー、エリザベス・テイラー、クラーク・ゲーブル、トニー・カーチスといった往年のスター達がジョセフのジュエリーを身につけてスクリーンに登場しました。

201561111385.jpg

 

ユージン・ジョセフは1948年、不慮の飛行機事故で突然この世を去ってしまいますが、会社は彼の良きパートナーでもあった妻のジョーン・キャッスルによって引き継がれ、現在に至っています。

 

2015611113842.jpg

 

<新素材の開発>

 

joseff_1

 

ハリウッドで不動の地位を得たジョセフの代名詞とも言われる物が マットゴールドのメタル素材です。金色の素材はスタジオの強いライトに当たるとハレーションを起こしてしまうことに気付いたジョセフはスクリーン上では本物に見える「ロシアンゴールド」と呼ばれるマットに仕上げたメタル素材を考案しました。こうして見た目には本物のゴールドに見える素材の開発が 時代考証に基づくゴールドジュエリーの再現をより正確なものとしたのです。

撮影用のジュエリーはジョセフが製作して映画会社に貸し出されましたが、スクリーンの中でスター達が身につけているジュエリーは、映画ファンの羨望の的となりました。こうした一般の人々の思いを知ったジョセフはそれに応えるためJoseff of Hollywoodというブランドを立ち上げ、一流店でのジュエリー販売を始めました。撮影用に考案されたロシアンゴールドを使った作品も数多く製作されました。

製作した撮影用のジュエリーは映画会社に貸し出されましたが、スクリーンの中でスター達が身につけている素敵なジュエリーは、映画ファンの憧れの的となりました。こうした一般の人々の思いに応えるためジョセフはJoseff of Hollywoodというブランドを立ち上げ、一流店でのジュエリー販売を始めました。この中には撮影用に考案されたロシアンゴールドを使った作品も沢山作られました。

 

joseff_3

 

<ジョセフジュエリーの特色>

人気のロシアンゴールドを使った作品はプレーンなものが多く、それらは質の高い模造パールやハンドカットを施したクリスタルで飾られました。ブローチ、ブレスレット、バックル、ネックレス、ペンダント、イヤリング、そしてパルールと呼ばれるセットジュエリーなどが作られました。彼のデザインは月、太陽、星、動物、魚、鳥、昆虫をイメージしたもの、アールヌーボー、アールデコスタイルを始め、東洋や中東のデザインを意識したもの、などが作られましたが、いずれも大胆で個性的なジュエリーが多く、アメリカの女優達が夢中になったのもうなずけます。
ジョセフは、彼のジュエリーコレクションを始めるにあたってこうアドバイスしています。「スーツや襟飾り、ポケットや帽子、ベルト、夜会服など幅広く使う事ができるブローチから始めてみましょう」

Joseff05

 

Top