私スタイルのジュエリー

Miriam Haskell(ミリアム・ハスケル)

<今も尚 人々を魅了し続けるブランド>

「何故 ここまで手をかけて!?」

ミリアム・ハスケルのジュエリーを手にすると、思わずこう叫びたくなってしまいます。独特のスタイルは優雅で繊細でありながら大胆さを兼ね備えており、何ともいえない魅力があります。

 

<ニューヨークに開いた小さなショップが出発点>

ミリアム・ハスケルは1899年 インディアナの小さな町にユダヤ系移民の夫妻の長女として生まれました。両親の営む用品店を時々手伝っていたミリアムですが、シカゴ大学3年生の時、学校を辞めて働くことを決意しました。父親から借りた500ドルを手にしたミリアムはニューヨークへと向かいました。彼女はマックアルペンホテルの近くにコスチュームジュエリーを売る小さなショップをオープンしました。ショップのウィンドーには「ミリアム・ハスケル - あらゆるシーンのためのジュエリー」という看板が掲げられていました。これには「エレガントな女性はシーンに合わせて服やジュエリーを選ぶ」という彼女のコンセプトが表わされています。最初はパリから輸入したシャネルなどのコスチュームジュエリーを販売していましたが、1926年独自のブランドを立ち上げました。

ミリアム・ハスケルは自身もデザインを行いましたが、もう1つの才能として人材を発掘することにも長けていました。まず最初はメーシーズでウィンドウディスプレイを担当していたフランク・ヘス。彼の才能を見抜き、チーフデザイナーとして迎え入れました。こうしてミリアム・ハスケルのジュエリーはみるみるうちに女性たちを虜にし、店は一躍 有名店となりました。 クオリティの高い作品を次々と世に送り出したハスケルは、当時の ショービジネス界にも新風を巻き起こしました。

 

ハスケルが見出した天才的デザイナー フランク・ヘスによる優雅さとシンプルさが調和した贅沢な美しさ、そして後に続くロバート・F・クラークの立体芸術を思わせる繊細でありながら力強さを併せ持った美しさ、コスチュームジュエリーの中でも その独特の魅力で多くの女性たちを虜にし続けて来たのがミリアム・ハスケルのジュエリーです。

 

ミリアム・ハスケルのジュエリーは誰もが一目で見分けることができます。通常コスチュームジュエリーはファッションと連動していることが多いため、その時々のトレンドに大きく影響されることがありますが、ミリアム・ハスケルのジュエリーは例外でした。デザイン、技術、そして素材という全てにおいてクオリティーの高い作品が次々と生まれたのでした。

 
Miriam Haskell
 

<斬新で複雑なデザイン>

ハスケルのジュエリーの特徴は何と言っても、ハイジュエリーの伝統的なスタイルをまねることなく、斬新で複雑なデザインを用いたオリジナリティー溢れたものであるということです。これには ハスケル自身、富と名声の象徴となる伝統的なジュエリーを強く嫌っていたことも大いに影響しています。彼女のジュエリーが常に当時のショービジネス界や顧客達、そして最近のコレクター達の心に響き続ける理由はここにあるといえるでしょう。

 

世界各地から選び抜いたこだわりの素材

<優れた職人による質の高い仕事>

ハスケルジュエリーでは「花」や「葉」といった自然主義的なテーマに基づいたデザインが様々に発展していきますが、これらのエレガントで調和したフォルムは実に根気のいる細かい手仕事によって具現化されていきます。ジュエリーの裏面には表面と同様に細かい注意がはらわれています。様々な素材には細いワイヤーが通され、裏面用に作られたメタルの台座にくくりつけてセットされています。ハスケルは1920~30年の間には ヨーロッパからアメリカに移住してきた有能な職人を雇い、斬新で複雑なデザインを最高の品質で提供することとなりました。

 

<世界各地から選び抜いたこだわりの素材>

ハスケルジュエリーが多くの人々に愛され続けたのは、そのデザインと高い技術の他に、質の高い素材を常に開拓していたことも上げられます。ハスケルとヘス、そして後に続くデザイナーたちは、最高の素材を求めて世界各地を定期的に旅しました。イタリアムラノのガラス、オーストリアのカットされたクリスタルガラス(この中には穴をあけたメタルカップにマウントされる「ローズモンテ」と呼ばれるハスケルお気に入りの裏が平らなガラスも含まれています)、そして何度もコーティングを重ねた日本製の光沢のある模造パールなどが代表として上げられます。模造パールの輝きと鉛ガラスのバランスが繊細な刺繍をほどこしたような効果を生み出し、アンティーク風のメッキを施したロシアンゴールドと呼ばれるメタルと組み合わせることで独特の雰囲気を持つハスケルジュエリーが完成するのです。

 

世界各地から選び抜いたこだわりの素材
 

<時を超えて生き続けるハスケルのジュエリー>

ミリアム・ハスケル個人の人生は、全てが順風満帆ではありませんでした。 創業から24年後の1950年代から徐々に精神のバランスを崩し始めたハスケルは、 1957年には事業から撤退。入院生活を繰り返していましたが、1981年にシンシナティで甥の看護を受ける中 息を引き取りました。 1950年代は第二次世界大戦の余波が残る時期でもあり、戦禍の衝撃は少なからずもハスケルの精神に影響を与えたといえるでしょう。

ハスケルのジュエリー
 

しかし、創業してから撤退するまでの24年は精力的に仕事を行い、当時のアメリカのファッション界をけん引する存在でもありました。 パリでココ・シャネルが一世を風靡したように、アメリカではミリアムハスケル が女性の心を掴み、ファッションに影響を与えたのです。

コスチュームジュエリーを美しく、芸術的に見せるハスケルの手法は、チーフデザイナーのフランク・ヘスによっ完成され、ロバート・F・クラークらのすぐれたデザイナー達によって引き継がれています。ハスケルのジュエリーを見た人は誰でもその美しさに魅了されます。ある人はその魅力について「子供の頃読んだ おとぎ話のように懐かしい物」と評していますが、これには多くの女性たちが共感するのではないでしょうか。

 

Top